FAKE MOTION - たったひとつの願い - オフィシャルサイト

MENU

プロローグ

『卓球戦国時代』

高校生同士の優劣を決めるのも、勉強や喧嘩の強さではなく・・卓球の勝敗。
戦国時代の領地争いの如く、高校同士の覇権争いは、熾烈を極めていた。
激戦区・東東京の頂点に君臨するのは・・・部長の島津(小笠原海)、西郷(草川拓弥)らを擁する 絶対王者・薩川大学付属渋谷高校。

かつては幾多の高校が「打倒薩川」と息巻き下克上を成し遂げようとしていたが、その強さの前に多くの高校が屈し薩川の傘下となる。卓球による優劣の中、どんな理不尽もまかり通った。
『薩川の傘下にあらずんば高校に非ず。』

そんな時代を終わらせるべく、ある高校が王者・薩川に戦いを挑む。
恵比寿長門学園、通称“エビ高”。

「天下をとって、狂った時代を終わらせる」

部長の松陰久志(北村匠海)のスカウトでエビ高卓球部に入部した高杉律(佐野勇斗)。
卓球部のエースであり、律の幼なじみである桂光太郎(古川毅)をはじめ部員との確執、
松陰の病気、光太郎の怪我など様々な障害が律の前にたちはだかるが、
仲間と切磋琢磨しながら徐々にチームは1つになっていった。

そして強い結束力で結ばれたエビ高はついに王者薩川と戦い、勝利をおさめる。

エビ高の勝利により戦いに終止符は打たれ、「自由な卓球」を楽しむ時代が訪れたはずなのだが・・・。
 
半年後――。
都立八王子南工業高校の部長・近藤勇美(森崎ウィン)は大阪の頂点・天下布武学園との試合に負けていた。天下布武の織田佐之助(荒牧慶彦)はそこで宣言する。
「東京の頂点・エビ高を潰し、他の高校もすべて潰して、天下布武に従わせてみせる。」

そして、近藤を“マザー”と呼び、誰よりも慕う土方歳鬼(板垣瑞生)の目の前で、近藤に制裁をあたえる。命より大切な家族を傷つけられ、織田への復讐を誓う土方。
「マザーのために死ぬなら本望だよ。」

土方は、かつてはライバルだったエビ高の井上紋太(田中洸希)や伊藤俊介(吉澤要人)、
そして失われた友情を取り戻すため共に戦うことを決めた
元天下布武のエース・明智十兵衛(草川直弥)とともに エビ高連合軍 を結成し、
天下布武と戦うことを決意する。

そして、明智の口から、1年前、大阪で起こったある出来事が語られる――。

明智が大阪から1人、東京に乗り込んできた理由とは!?
なぜ織田は心を失い、絶対的恐怖による支配を始めたのか。

そして、 エビ高連合軍 は天下布武を倒し、大切な仲間を、東京を守ることができるのか!